0 支持
21 閲覧

概要

あらゆる中間業者を通さないP2P電子マネーシステム。ビットコイン以前は、電子マネーは、コインの二重仕様などの問題から、検閲機関が必要で、P2Pで行うことは出来ませんでした。ビットコインはプルーフ・オブ・ワークという取引認証の仕組みを使い、コインの二重仕様問題を解決する仕組みです。プルーフ・オブ・ワークで作られたブロックチェーンにハッシュ値(暗号化された値)として、更新日時を記録し、プルーフ・オブ・ワークをやり直さない限り変更できない履歴を作成します。

トークンの利用用途

・初期には、利用用途に対して言及はなく、電子マネーとしか明示されていない。

初期の利用数増加のきっかけとなったのは、ビットコインのメリットの一つの匿名性に注目され、ダークウェブ(違法商品の売買)で使われた。

現在は、トークンは主に、資産的価値として、利用されている。

投資家としての感想

全ての取引が、閲覧でき、中間業者を置かないというのは、非常に魅力を感じた。一方メディアがここまで取り上げないと、ホワイトペーパーや仕組みを勉強しようと思わなかった。その理由として、何の課題を解決するかの、課題が大きすぎると感じた。また、いつ購入するかを考えた時に、51%攻撃などのアタックに耐えうる様、ビットコイン保持量が分散化されたタイミングと感じた。

bitcoinmaster 8/27 質問 仮想通貨フォーラム | 21 閲覧 | 0 Subscriber
    

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

Welcome to Bitcoin Talk Japan, where you can ask questions and receive answers from other members of the community.
188 質問
17 回答
9 コメント
463 ユーザー